労働ビザ」カテゴリーアーカイブ

フィリピンのビザ(労働ビザ)

外国に入国するときは、パスポートだけではなくビザが必要になります。フィリピンに入国する場合、観光目的の渡航、かつ30日以内であればビザを取得する必要はありません。ただし、30日以内の帰りのチケット、もしくは他国へ出国するチケットが必要です。これらは日本出国の際にチェックされ、持っていないと出国できません。運よく出国できても、フィリピン側で提出を求められ(求められないこともありますが)、持っていない場合は入国できないということになります。

私が転職のときに利用した求人サイト ⇒ 海外の求人情報

滞在日数が30日を超える場合、フィリピンのイミグレーションへ出向き延長の手続きを行います。日本で事前にビザを取得することも可能ですが、たいていの場合、フィリピンで都度更新となるでしょう。ちなみに、観光ビザは最大3年まで更新可能となっています。

フィリピンで就職・転職のための労働ビザ(9gと呼ばれる)を取得するには申請から数カ月の期間を要するため、ビザなしで入国した場合、それまでの期間は観光ビザでつなぐ必要があります。9gビザは個人ではなく求人企業を通して申請します。その会社に、ひいてはフィリピンにどれだけ貢献できるかが審査の判断材料となるため、ただ「日本人だから」という理由では取得できない可能性があります。つまり、9gビザの申請を行うためにはすでに就職先が決まっている必要があるということです。

ちなみに、審査には書類だけではなく面接もあります。面接官によって聞かれることは様々ですが、どういった職種なのか、どういう役職でどういった役割を担っていく仕事をするのかといったことも聞かれます。(もちろん英語です)家族同伴の場合、家族も同じビザを取得することが出来ます。まずは本人のビザを取得、その後家族分の取得となります。

また、フィリピンで就労するためにはビザのほかに労働許可証が必要です。こちらはビザと異なり数週間で取得出来ます。フィリピンでの就職を考えているかたは忘れずに取得しましょう。