未分類」カテゴリーアーカイブ

フィリピンの交通事情

発展途上国、フィリピン。道路は常に渋滞。街は排気ガスであふれています。
フィリピンの主な交通手段は、電車、バス、ジープニー、トライシクル、タクシーとなります。
まずは電車について。日本のように時間厳守ではありません。故障や遅れは日常的におこります。都市鉄道と国鉄がありますが、国鉄は大変危険なため、フィリピン人もあまり乗りたがりません。都市鉄道のほうは、もともと日本の政府開発援助(ODA)によって整備され車体の管理も日本企業が行っていたのですが、数年前からフィリピン独自で管理を行うようになり、それ以来事故が多発しているそうです。そうはいっても国民にとっては大切な交通手段。女性専用列車などもあり、渋滞と無縁なこの電車は常にギュウギュウ詰めで運行しています。

これがマニラの交通事情 ⇒ フィリピンの交通渋滞

次にバスですが、こちらも日本のバスとは程遠いものです。窓のないもの、タイヤがつるつるのものなど日本人としてはあまり乗りたくないものが目立ちます。バス停では車掌が行き先を大声で叫び、乗客を集めています。お金は前払い。行き先によって金額が変わります。
日本では聞きなれないジープニー。フィリピン独特のもので、戦後、アメリカ軍の払い下げたジープを改良したものが始まりだそうです。小さなバスと言えるでしょう。しかしバス停のようなものは一切なく、道端で手を挙げれば止まり、降りたいと言えば降ろしてもらえます。料金も初乗り数ペソと、庶民のもっとも一般的な交通手段です。

トライシクルは他国でも似たようなものが見られます。バイクや自転車の横にサイドカーが付いたもの。他の乗り物が入り込めないような小さな路地や、交通量のあまり多くない道で主に活躍します。あまり街中では見かけられません。
最後にタクシーです。行き先が同じ人が集まって乗る、乗り合いタクシー(FXと呼ばれる)と、日本と同じようなメータータクシーの2種類があります。通常のタクシーでも初乗り40ペソ(2014年12月現在)で、こんなに安くて大丈夫?と心配になるほど。心配通り、ぼったくりや不正メーターなどが目立ちます。

どの乗り物もスリや強盗の危険性があります。流しのタクシーに乗って知らない場所に連れていかれ・・・ということもあります。いずれにせよ派手な恰好は避ける、余計なお金は持たないといった注意を忘れないことです。

フィリピン人にとってのクリスマス

国民の90%近くがクリスチャンであるフィリピン。クリスマスに対する情熱は半端なものではありません。日本のように、ただケーキを食べてプレゼント交換するわけではないのです。12月25日は祝日ですし、教会でお祈りをして家族で祝って過ごします。
俗に、「Ber Month」と呼ばれるものがあります。September、October、November、December。語尾がすべて「Ber」であるこの4カ月、9月~12月がクリスマスシーズンで、基本的に1月6日までとなります。
9月に入ると、クリスマスツリーや電飾が店の軒先で売られ始めます。今年は、日本のお盆の時期に早くもクリスマスリースが販売されている店がありました。すでに、10月末のハロウィンよりもクリスマスの方が目立っていました。
10月に入るころには、各所でクリスマスツリーなどを飾り始め、店内にはクリスマスソングが流れ始めます。
ハロウィンが終わると、もう誰にも止められないとばかりにクリスマス一色です。イルミネーションも派手になります。会社や仲間内でのクリスマスパーティーに向け、仕事そっちのけで出し物のダンスや歌の練習。プレゼント交換のための品物選びも重要です。ちなみに会場は、一年前のクリスマスパーティー後すぐに予約しないとよい場所はとれないそうです。
フィリピンには、「13 month salary」といって、12月に給料一カ月分にあたる額のボーナスを支払うという法律があります。海外へ出稼ぎに行っている家族もクリスマスに帰ってきます。帰ってこられなくても、いつも以上に仕送りがあるなどでお財布も少し潤っています。
なんだかとっても楽しそうな雰囲気ですが、私たち日本人にとってはあまりよい季節ではありません。お財布が潤っている分、また家族が集まるということもあり、クリスマス前はみんなたくさん買物をします。スーパーのレジには長蛇の列が。道路は信じられないほど車で込みあいます。そして何より、犯罪が増えるのです。スリやひったくりも増えます。路上にはホームレスが立っていてお金の無心をされます。小さな子供が、はだしで一本数十ペソの花を買ってくれとせがみます。
1年の三分の一を占めるクリスマス。みんなごちそうを食べて家族とゆっくり楽しみたいが故なのでしょうが、日本人は違う意味で、家で静かに過ごすことをお勧めします。

携帯電話の購入と使用方法 その②

前回は携帯の購入方法について主にお話ししました。今回は、手に入れた携帯を実際に使えるようにする方法を説明します。
携帯電話を購入したら、次はSIMカードです。SIMカードとは、携帯電話にセットするICチップのことで、コンビニ等でも気軽に購入できます。ひとつ40ペソ(2014年11月現在)で、このSIMカードに自分の使用する電話番号が登録されています。購入に必要なものはお金だけ!身分証明などは一切必要ありません。

SIMカード購入の際にはキャリアを選択します。有名どころはSMART社とGLOBE社ですが、筆者のお勧めはSMART社です。フィリピンで一番大手ということもありますが、SMART社はテキスト(後述)の日本語送信に対応しているようです。GLOBE社は最近成長している会社ですが、たびたびテキストの文字化けが発生するようです。

SIMカードをセットしたらプリペイドカードを購入し、チャージします。そのことをロードと呼びます。プリペイドカードもコンビニなど街のいたるところで購入できます。100ペソ、300ペソ、500ペソが主流で、自分が選んだキャリアのプリペイドカードを必要な額だけ購入し、自分でロードします。注意点として、異なるキャリアのプリペイドカードはロードできません。またSIMカードやプリペイドカード、チャージしたロードには有効期限があり、既定日数がすぎると無効になります。

日本ではLINEが日常的に使われているので、インターネットに常時接続していたいというかたも多いでしょう。プリペイドでもインターネット使い放題プランがありますし、モールやカフェなどでも日本に比べて無料のwi-fiが充実しているので、意外と便利に使うことができるでしょう。ポストペイドで常時接続プランを選んでも、回線があまりよろしくないフィリピンでは、時として使い物にならないという話しも聞きます。

ちなみにフィリピンではe-mailではなくショートメールメッセージ(SMS)が主流です。フィリピン人から「テキスト」「テックス」とよばれるこのサービス、1通1ペソ。かなりご年配の方でさえも通話より格安なテキストを使われます。
あなたもフィリピンで「テキスト」デビュー、してみませんか?